難しい賃貸管理は経験豊富なプロに任せるのが一番

投資用物件の選び方

婦人

投資物件選定のポイント

投資用マンションがサラリーマンにも人気を集めていますが、その物件の選定ポイントは幾つかあります。まず最も大事なことは、賃貸需要が多いエリアを選ぶことです。用紙用マンションは多くの場合、ローンを組んで購入することになります。その融資は住宅ローンではなく、事業用として借り入れることになります。そしてその担保となるのは、収益性です。つまり、安定した収入源となるのか、賃貸需要は十分に見込めるのかということになります。そしてローンを組んだあとは家賃収入で返済を補います。家賃収入が得られなければ、そのローン返済を自腹で行うことになります。けれども一般のサラリーマンが自宅の居住費の他に、このようなマンションのローン返済をするほどの余裕はないものです。そのために空き部屋となるリスクが少ないエリアを探す必要があるわけです。投資用マンションは多くの場合、居住用として分譲される一般のマンションです。そのために賃借人が住みやすい環境であるかどうかも大事なポイントになります。一棟全てが賃貸用であれば良いのですが、周りの住戸が所有者となる場合に、不都合なことがないかどうかもチェックする必要があります。さらに投資用マンションはローン完済の前に売却することも多くあります。その際に買い手がつきやすいかどうかも重要なポイントになります。同じように投資用マンションとして考えるだけではなく、居住用としても需要がある場所であれば、売却も苦労することなく行えます。